2021年7月18日日曜日

夏休み

 アンコール補習授業校は、6月末~8月7日まで夏休みです。

一学期はオンラインで始まり、いつ対面が、、と思っている間に終わってしまいました。

もちろん対面授業の方がいいのですが、親としてはオンラインだと送迎の手間が無い事と、授業中にどんな態度でどんな発言をしているのか分かるのがいいです。(隣の部屋で聞いています)


そして、授業は週一回ですが、宿題をきっちり出してくれるので、助かります!

親子で勉強しようと思ってもケンカになってしまいますが、先生の宿題はやるのです。笑


夏休みは時間もたっぷりあるので、補習校の貸し出し図書を借りたら?と息子に言いましたら大好きなドラえもんの本をこんなに選んじゃいました。

日本政府の援助指定校になった関係の援助物品なので、もちろん学習関係の本ですが、中身の半分はマンガ。笑

なんか静かだな~と思うと、よくベッドに転がりこのマンガを読んでいます。

まあ、日本語の勉強だと思えば、マンガだけでも。

でもそのうち、興味がある文章もスラスラ読んでくれたらな~と思う、7歳児の母です。


保護者K


2021年5月24日月曜日

オンライン授業について

現在、シェムリアップではコロナの感染拡大防止のため学校への登校ができません。
補習校もオンライン授業で生徒達は頑張って勉強しています。
 3年生の生徒がブログのためのメッセージを作成してくれました。 

 ============================== 

  家で勉強します 

 コロナのせいで家で勉強しました。家で勉強していたときは、友達がいなかったのでとても疲れていました。友達に会いたかったのです。学校に行きたかったのですが、コロナのせいでできませんでした。

※上記は生徒が翻訳機能やその他のアプリを利用し作成しました。

 ==============================

早くコロナが収束して校舎での授業が再開できるのを生徒達は心待ちにしています!

2021年4月18日日曜日

新年度

新年度が始まりました。
校舎で授業ができると良かったのですが、コロナの感染拡大防止のため当分はオンラインでの授業になりそうです。




 ZOOMを利用したオンライン授業を行っています。

学習端末はパソコンの方が見やすいと思いますが携帯でも十分です。

カンボジアの私立の学校では、学校が閉鎖となった際はオンラインに切り替えて授業を行っているため、補習校のオンライン授業でも生徒たちの端末操作は慣れたものです。

写真はオンラインの授業風景です。
先生が画像を共有しており、表示された漢字の書き取りを行っているところです。

保護者が家で教えようとしても子どもたちはなかなか勉強しようとしないことが多いと思いますが、先生に教えてもらうとオンラインでもすんなりと勉強しますね。

オンラインとは言え、ほかのお友達の顔も見えるのでモチベーションが上がるようです。


2021年2月19日金曜日

チョコバナナづくり

 先日の授業日は2月14日、バレンタインデーでした。


3時間目は「家庭科」という事で、チョコバナナ作りを先生が企画してくれました。

  


とろとろに溶けたチョコレートがお鍋の中にたっぷり。


  

  
チョコレートをヘラですくって、バナナへかけます。






パラフィン紙にポタポタとたれるチョコ。早く固まらないかな~。






こんなにチョコが落っこちちゃった~。






さて味見だー、ペロ!

自分で作ったチョコはさぞ美味しかった事でしょう!
楽しい授業を準備してくださった先生、ありがとうございます。

ちなみにカンボジアのバレンタインデーは、チョコではなくバラなどのお花を男子から贈るのが主流のようです。
路上のあちこちで、1本づつラッピングした赤いバラが売られていました。

保護者K

2021年2月15日月曜日

アンコール時代の王様の沐浴池、スラスラン中央寺院へ課外学習!

 1月の終わりに幼稚部・小学部合同で、アンコール時代の人造貯水池「スラスラン中央寺院」へ、課外学習に行きました。


復元・再構築されたばかりのスラスラン中央寺院へ、お手製の小舟に乗って足を踏み入れるのは、大変貴重な経験で、子どもたちは興味津々。


「水の中にどうやって遺跡を立てたの?」

「この彫像は何をしているの?」

「再構築にどのくらい時間がかかるの?


という子どもたちの疑問に、上智大学アジア人材養成研究センターの三輪先生とアプサラ機構遺跡保存局Mao Sokny 氏が、丁寧に答えて下さいました。







教室とは異なる体験ができた子どもたちは、とても楽しんで学習に取り組んでいました。後日、課外学習での学びを一人一人、絵日記にまとめてふりかえりをしました。

実施にあたり、特別講師をして下さったお二人に、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。






作成:教務主任 H

2021年1月31日日曜日

書初め

 例年は、新年会と一緒に行っていた書初めですが、今年度はコロナ休校の影響で変則的となり、先週の新年会(餅つき)と別に、3時間目の授業として、書初めを行いました。


高学年は漢字で、低学年はひらがなでお手本をもとに書きました。

そもそもカンボジアには習字教室もないですし、絵の具を使って絵を描く授業もそれほどないため、筆を使って文字を書く機会はほとんどありません。補習校で年に1回くらいです。
筆遣い、止め、はね、はらいなど、一通り先生に教わって練習してから、課題の字を練習しましたが、なかなか難しいようです。

でも最後にはみんな上手に書けました。
みんな楽しそうに習字をしていたのが印象的でした。

海外にいても、日本の文化を体験して覚えておいてほしいですね。





作成者:保護者S

新年会・餅つき

 カンボジアのお正月は4月ですし、日本のように寒くない(それでも年末年始の早朝は20℃を下回り、肌寒かったですが)ので、日本のようなお正月をなかなか感じられませんが、アンコール補習授業校では、日本のお正月文化を体験すべく餅つきを例年行っています。


今年は直前の12月に急遽コロナ休校となってしまい、いつ再開できるのかわからず心配しておりましたが、年末に政府から学校再開の許可が発令され、無事新年2回目の授業日に餅つきを行うことができました。

子供たちは、2限目までは授業を行い、親たちはそれぞれ餅つきの準備を行います。

そして3時間目は、子供たちを中心に餅つき。
今年度は、ボールや小さな木臼を使って餅つきをしました。

小さい子たちも頑張って餅つきをしました。

つきあがったお餅を丸めて完成。

あんこやきな粉、お雑煮などにして楽しく食べれらした。

自分たちで作ったお餅はおいしかったかな?




作成者:保護者S



2021年1月4日月曜日

3学期の始まり・日本から新しい図書と教材

 明けましておめでとうございます。


アンコール補習授業校は、3学期が始まりました。
マスクと消毒は必須ですが、また校舎が使えるようになり対面で授業ができるのはありがたい事です。

そして、日本政府からの援助物品が届いていました!
現在のコロナ渦の状況で、この援助物品の配送に関わっていただいた全ての方達に感謝します

さっそく箱を開け、新しい図書や教材に保管番号を書いたシール貼りを、保護者達でしました。






理科実験材料である「風やゴムのはたらき」を調べるプロペラカーは、早速3時間目の理科の時間に使用。
補習校はなぜか圧倒的に男子が多いのですが、皆プロペラカーに夢中になっていました。















カンボジアは12月~1月が最も涼しい時期で、午前中は23~28℃くらいでしたでしょうか。
木漏れ日の気持ち良い校庭でした。


保護者K

2020年11月25日水曜日

授業参観が行われました!

 

先日テストが終了して、今回は授業参観が行われました。

普段は自宅で勉強しているのかどうか、怪しい子供たちでしたが、
授業風景をみる限り、なんとか真面目に授業を受けている様で大変安心しました。


上のクラスでは、ようやくではありますが漢字の勉強も始まり、
今回は日付の書き方と読み方とのこと。

普段は何気なく使っている読み方も、書き方と読み方を一緒にということで、
子供達は四苦八苦しているようでした。



(※漢字学習の様子)





また下のクラスでは、動物や物の名前を実際に書いてみるという内容。
平仮名と片仮名は覚えたものの、しっかり書けるのかな?と思ってみていたところ
意外とすらすら書けていて、こちらも普段の様子とは違い、ゆっくりでも成長しているんだなぁと感じました。



(※動物の名前プリントで勉強)





保護者 Sより



2020年11月19日木曜日

11月より校舎にて授業を再開!!

ようやくこの時が来ました。

11月から当校も校舎にて、通常授業を再開する事が出来ました。


もちろんマスクは着用、手洗いの徹底、教室の消毒等、感染対策にも気をつけています。


その一環で、今までは「朝の会」を教室内でやっていましたが、今回からは外で行う事にしました。

(※今月の歌「トンボのメガネ」を、生徒S君の伴奏にて)




休み時間は、お友達と遊べる事が嬉しいようです。





またこの日の3時間目は、テストを実施しました。



(※少々緊張気味の1年生の教室)



2学期も残り少ないですが、このまま楽しく日本語の勉強を頑張って欲しいと思います。




作成:保護者 I より